週刊経済誌「広島経済レポート」発行元の広島経済研究所(広島市、社長:本山茂)はひろしま自動車産学官連携推進会議(ひろ自連、議長:寄谷純治)の協力を受け、1月23日に懸賞論文「10年後の広島の自動車産業のあるべき姿」の表彰式兼座談会をウェブ開催しました。
本誌の1951年5月創刊から70周年を記念し、2021年7~10月に募集。一般の部と学生の部で計19作品の応募があり、計8作品を表彰。受賞作の内容が広島の自動車産業や地域経済の活性化に役立つよう願うととともに、これからも広島経済レポートを通じて有意義な経済情報を伝え続けたいと改めて決意しました。ひろ自連は、一般や大学生から自動車産業振興のヒントを募る目的で企画に協力しています。

受賞作一覧

<< 一般の部 >> 

最優秀 「2031年からの教訓シナリオ―三子教訓状に学べ―」 寺田高久さん(67歳、大阪府貝塚市)建設会社勤務 >>論文を読む

2位 「明日のイノベーションに向けた第一歩―10年後の広島の自動車産業のあるべき姿に向けて産学官金はどう行動するべきか―」 尾上正幸さん(36歳、広島市東区)広島県庁職員 >>論文を読む

3位 「広島維新戦略―広島の文化を活かした新規参入障壁の構築―」 石光俊介さん(56歳、広島市安佐南区)広島市立大学教授 >>論文を読む

「広島市中心部に『自動車博物館』を創る」 迫 勝則さん(75歳、広島市佐伯区)執筆・講師業 >>論文を読む

佳 作 「自動車は都市システムに進化ー広島スマートシティにおける自動車産業」 宮田庄悟さん(66歳、広島市安佐南区)広島経済大学教授 >>論文を読む

<<学生の部>>

最優秀 「少子高齢化に伴う運転者減少に備えた新しい人と車の形の提言―ヒロシマモデルによる産学官金連携―」 三浦雅郁さん(兵庫県西宮市)関西医科大学医学部医学科 >>論文を読む

2位 「広島の未来のための持続的な変革―広島独自のスタートアップ・エコシステム―」 山川夢仁さん(東京都国立市)慶応大学総合政策学部 >>論文を読む

3位 「自動車産業の新しい路線―広島県をより住みやすい県に」 石津遼太さん(広島市安佐南区山本)広島経済大学経済学部 >>論文を読む

テーマ
広島県が「安心・誇り・挑戦 ひろしまビジョン」の基本理念に掲げる『将来にわたって、「広島に生まれ、育ち、住み、働いてよかった」と、心から思える広島県の実現』に向けて、10年後の広島の自動車産業がどうあらねばならないか、そのために産学官金はどのように関わらなければならないか。

表彰式・座談会

最優秀者と選考員との座談会の模様を公開しました

座談会の模様をPDFで読む
【事務局】
〒730-0032 広島市中区立町1-24有信ビル6階 広島経済研究所 懸賞論文係
電話番号 082-248-1444
メール boshu@hk-report.com
主催:株式会社広島経済研究所(広島経済レポート)
協力:ひろしま自動車産学官連携推進会議(ひろ自連)
後援:広島県、広島商工会議所、広島経済同友会
(株)広島経済研究所 ALL RIGHTS RESERVED.