• HOME
  • » こぼれ話
こぼれ話

こぼれ話

成長戦略を支える

 イズミが発行する正社員向け広報誌「ゆめCan NEWS」(季刊)の取り組みが徐々に成果を挙げている。男女共に働きやすい職場づくりの目的を掲げ、「意識改革」、「人事制度改革」、「教育」の3つのプロジェクトを推進する。広報、環境整備、教育の3チームで編成し、2014年9月から始めた。広報誌は山西泰明社長のインタビューや女性管理職による座談会、女性社員の声などを掲載し、一緒に働く仲間の思いも伝えながらプロジェクト推進の役割を担う。
 同社の正社員約2900人の男女比は6対4。パート、アルバイトは1万人を超え、女性中心の職場でもある。ゆめCanプロジェクトがスタートした時の女性管理職の割合は7%だったが、向こう20年間で20%に引き上げる数値目標を定める。それから5年たって管理職約670人のうち女性管理者は約70人(8月末)を数え、その割合は二桁を突破した。広報課長で、プロジェクトリーダーを務める飛子(とびす)晴美さんは、
「女性の管理職を増やすと同時に、子育てなどのために辞めなくても済むような制度を設け、退職率を減らすことも主要なテーマです。環境整備チームは従業員アンケートなどで課題や問題点などを抽出し、どうすれば解決できるのか、具体的な対策を提案しています。育児をしながらキャリアを積んでいける環境や制度を整えていくことが大切だと思います。こうしたこまやかな取り組みが一人一人の意識改革につながり、やがて職場に新たな活力が生まれてきます。女性が働きやすくなれば、男性にとっても働きやすい職場になるのではないでしょうか」
 ワーキングマザー座談会や女性リーダー育成研修会なども主催してきた。配偶者の転勤や柔軟な働き方を選択して離職した人のリキャリア制度はこれまで40歳以下としていたが、主任以上は45歳以下、次長以上の管理職は50歳以下に引き上げられた。参観日や子どもの急な病気、介護のためなどの半日有休、割高な休日保育を利用する場合は1日4000円を上限に半額補助する制度もできた。
 16年8月には管理職者向けに「ワークライフバランスマネジメントハンドブック」を作成。妊娠報告を受ける際の受け答えをはじめ、産休〜育休間の不安感を取り除く配慮や声掛けとともに復職を促す面談時期など、管理職者によって対応に差異がないよう「両立支援プログラム」のスケジュールを組んでいる。今年7月に熊本のゆめタウン光の森に、社員やテナント従業員向けに企業主導型保育園を初めて開園した。安心して楽しく働ける便利な店づくりを目指して、今後も開園を検討する構えだ。
「生活と仕事を調和させるワークライフバランスは企業の成長につながり、多様な人が活躍できる環境を整えることで、事業活動にも多様な視点を生かせると思います」
 一段と人手不足が厳しさを増す中、女性の活躍こそ企業の成長戦略を支える大きな力になってきた。妊娠報告を受けたときに「困ったな」ではなく、心から「おめでとう」と自然に言える職場環境を整え、途切れることのないキャリア形成が可能な職場づくりが求められている。

バックナンバーはこちら

ページの先頭へ
定期購読のご案内 現在1か月分無料送付いたします! お申込はここをクリック
試し読み お申込はここをクリック

広島経済レポート誌面の特徴

  • 中国・四国地方の経済レポートの先駆けとして昭和26年の創刊以来、“信頼性の高い情報誌”として評価を得ております。
  • 広島のビジネス情報、経済情報、企業情報をはじめ、地域経済に大きな影響を与える大型プロジェクトや官公庁の事業を経済誌の視点で、いち早く報道。
  • ビジネスに役立つタイムリーな誌面づくり。
  • 各種サービス業や大型小売店舗、チェーン店舗の動向、情報産業やデジタル・通信・コンピュータ系のビジネスも紹介。
もっと詳しく
電子版のご案内 お申込みはコチラ

広島で経済レポートを読むなら
「広島経済レポート」

シリーズ記事

今週の表紙

支店長

ホープ

オフタイム

ナイト&グルメ

新設会社

カープ・サンフレッチェ応援エッセー

決算概況

こぼれ話

フリーペーパーVitamin
広告掲載のご案内
お問い合わせ

広島企業年鑑に
↓ ↓ 掲載ご希望の会社様はこちら ↓ ↓

企業年鑑の調査用紙